5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」、3.1chサウンドバー「HT-A3000」の2機種を発売

2022-09-01

サウンドバーの新商品、5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」、3.1chサウンドバー「HT-A3000」を発表しました。
「HT-A5000」は2022年10月22日(土) 、「HT-A3000」は2022年9月10日(土)より発売予定で予約受付中です。

 

5.1.2chサウンドバー「HT-A5000」

天井、壁の反射とバーチャルサラウンド技術の組み合わせで臨場感のある音場を実現する5.1.2chサウンドバー
発売月:2022年10月22日
ソニーストア販売価格:121,000円(税込)

 

「HT-A5000」はサブウーファーを内蔵し、5.1.2chのサラウンドシステムを1本のバースピーカーにまとめてあります。サブウーファーは本体中央のセンタースピーカーの両側に2つのユニットを配置するデュアルサブウーファーを搭載。パワフルで迫力ある低音を楽しめます。
別売専用リアスピーカー(SA-RS5、SA-RS3S)と組み合わせて使用することで、3体のリアルスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成し、立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」対応しています。
また、アコースティックセンターシンク対応ブラビア(A90J,A80J,X95J,A95K, A80K, A90K, X95K, X90Kシリーズ)に接続することで、テレビのスピーカーをセンタースピーカーとして駆動させることができる「アコースティックセンターシンク」を搭載。センタースピーカーとしてテレビからも音を出すことができ、定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能です。

 

 

3.1chサウンドバー「HT-A3000」

クリアな高音質と豊かな低音。迫力と臨場感に満ちた視聴体験をもたらす3.1chサウンドバー
発売月:2022年9月10日
ソニーストア販売価格:88,000円(税込)

 

「HT-A3000」も別売専用リアスピーカー(SA-RS5、SA-RS3S)と組み合わせて使用することで、3体のリアルスピーカーからの音の波面を合成し、複数のファントムスピーカーを生成し、立体音響技術「360 Spatial Sound Mapping」対応しています。
また、「アコースティックセンターシンク」も搭載しており、センタースピーカーとしてテレビからも音を出すことができ、定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能です。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)