LDACに対応、ハイレゾ音質を楽しめる完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-1000XM4」発表

2021-06-10

完全ワイヤレス型として業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現しながら、高音質コーデックLDAC対応でハイレゾ音質を楽しめるBluetooth対応完全ワイヤレスヘッドホン「WF-1000XM4」を発表しました。
カラーはブラックとプラチナシルバーの2色から選べます。
ソニーストア販売価格は33,000円(税込)で2021年6月25日発売予定、現在予約受付中です。

完全ワイヤレスヘッドホン「WF-1000XM4」

「WF-1000XM4」は、従来よりも信号処理能力を向上させた高音質ノイズキャンセリングプロセッサーと高性能なBluetoothオーディオSoCを統合した新開発の「統合プロセッサーV1」を搭載しています。これに加えて、新たに設計された6mmドライバーユニットや新開発のノイズアイソレーションイヤーピースにより、完全ワイヤレス型ヘッドホンとして業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を達成しています。

 

・特長

1.完全ワイヤレス型として業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現
全モデルの「WF-1000XM3」と比較し、高音域から低音域までどの帯域においても騒音に対してのノイズキャンセリング性能がさらに向上。あらゆるスマホで静寂に浸って音楽を楽しめます。
信号処理能力を向上させた高音質ノイズキャンセリングプロセッサーと高性能なBluetoothオーディオSoCを統合した「統合プロセッサーV1」を搭載することで、より低遅延でのノイズキャンセリング処理が可能です。
このほか、風を検知すると、マイクが自動でオフとなり風ノイズを低減する機能も搭載しており、ノイズを気にすることなく、高音質の音楽を楽しめます。

2.LDAC対応でハイレゾ音質の音楽再生に対応
ソニーの完全ワイヤレスヘッドホンとして初めて、高音質コーデックLDACに対応しています。LDAC対応機器と接続して使用することで、従来のBluetooth接続の最大約3倍の情報量を伝送できるため、ハイレゾコンテンツも原音の細かい表現まで忠実に再現された音質で楽しめます。また、従来よりも可動性の高いハイコンプライアンス振動板を搭載した6mmドライバーユニットにより、深みのある低音域を実現します。

3.外出時も安心なロングバッテリーライフ
ノイズキャンセリングON時、本体のみで8時間、付属のケースで2回分充電して合計24時間使用できます。さらに、ノイズキャンセリングOFF時は本体のみで12時間、付属のケースで2回分充電して合計36時間使用できます。また、5分の充電で60分再生可能な急速充電にも対応。

4.ケース・ヘッドホン本体の小型化、IPX4相当の防滴性能
バッテリーサイズを小型化することで、ケース体積を従来より約40%、ヘッドホン本体の体積を約10%小型化し、より手軽に持ち運んだり装着したりすることができます。
IPX4相当の防滴対応で、突然の雨や運動中の汗からヘッドホンを守ります。

 

・完全ワイヤレス型ヘッドホン「WF-1000XM4」の詳細はこちらから

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)